庭作業中のやりとり

10 0
庭の最盛期。






20170517_1.jpg

20170517_2.jpg

20170517_3.jpg

咲くバラもあれば散るバラもあり、
愛でるばかりでは済まされないのが庭作業。
本業前のひと仕事は、花がら摘み&ついで剪定に掃き掃除、
一番大事な鉢の様子を見ながらの水やりと。
これが真夏なら何も考えずジャッブジャブと水やりするのですが、
この時期はまだ気温が上がりきっていないので、
水の消耗がそれぞれに違うから、
水やりのタイミングも様子を見ながらになるのです。
そして、同作業を日暮れ前にも。
おかげで編み時間が激しく減ってますが、
もちろん、また別の充実感がありますよ。

昨日の作業中、花を褒めて声をかけてくれたご婦人。
ご婦人「奥さん、もしかしてお子さんがいないの?」
「?そうなんですよ〜」と私。
ご婦人「だから花を育てられるのね〜」
「!・・・・あはは(^◇^;)」
うんまぁ、何の悪気もないのですよ。
裏を読めば、というか
かなりストレートに「暇だから出来るんだろ」的発言ですが、
(園芸や編み物を趣味に持っていると、少なからず言われることです)
暇だから、ではなく、そうなのかもなと思ってしまいました。
というのは、園芸にはまる人は、子育てを一段落した女性に多いことも、
もしかしたら「何かを育てたい」本能がそうさせるのかもなと。
逆に、男性の園芸は実践的で実験色が強いですしね。
でも子育てしながら園芸を楽しんでいる方も少なからずいらっしゃるし、
一概には言えないのかも知れませんけれど。
ちょっと考えさせられたひと言でしたよ。
しかしこの手の失言?は年輩女性に限ってですねぇ。。
私も気をつけよっと。

そんな中で編んでるのは、つま先から編む編み込みのくつ下。

編み込みのくつ下って2重だからいかにも暖かそうで嬉しい。
ただ。2つ目の手がゆるくなって、
長さが1センチも大きくなったので絶賛編み直し中。
編み込みは呑んだ後に編んじゃいかんね(笑)。
てか今は呑んだ後しか編み時間とれないんだけど〜。
簡単なパターンをCOするかなぁ。。
何より、いつまで冬糸触ってられるかな。
湿度が上がってくるまでは頑張る。




↓ステッカーの購入はこちら↓








いつもありがとうございます!
編み物ランキングも登録しちゃった!テヘ
banner2.gif


※当ブログはリンクフリーですが、
 相互リンクは基本的にお断りしております。
 ご期待に添えず申し訳ありません。
ページトップ