クロマニア

ARTICLE PAGE

知らないことだらけ

先週末の縫い物はこれ。
パターンはこの本から、



表紙にもなってるノーカラーブラウス。
今どき流行のビッグシルエットと違い、
ボタンもファスナーもなく、かぶりで着られる、
布帛で作れるギリギリのタイトさではないかしら。
オバチャン的にはその方が好都合。
そして見るからにベーシックで全く普通なのだけど
衿が丁度いい上品な開き具合。

ただ、タイトめなだけに着る時はともかく、脱ぐ時に気を使いますね。
ニットを縫える技量があれば良いのだけどねぇ。。

20170607.jpg

ともかく、この着画像には自覚している間違いが2カ所。
自覚してない間違いはもっとあるかもよ。



今回の学び。
ダーツや切り替えは上に向かって折る。
袖は袖を見ながらつける。
洋裁する人は何を今更、な事でしょう。

昔、全くの自己流で縫っていた時は、
パズル感覚でパーツが揃ってて、
出来上がり線の通りに縫えば良いだろ、程度にしか思ってませんでした。
所詮ハンドメイドだし、と。
買ったパターン本にもそういうの書いてなかったような、、。
編み物だといちいち基礎本で確認する(こともある)ことを、
洋裁では怠っていたのね。
ダーツや切り替えは上に向かって、と似たようなことは
手製の服を着ていた時に、
友人の洋裁の先生に教えて貰ったことがあって、
なるほど〜!と思ったもんです。
そういうささいな事が仕上がりの差になるんだとねぇ。
逆にいえば、自己満足で「とりあえず」形になってはいても、
見る人が見れば、「アレ?」な部分が沢山あるんだって事ですね。
たぶんこれは何でもそう、編み物も同じ。

で、今回、そう予習してたにもかかわらず、
右のダーツが下に向いてしまってたよ(; ;)
ダーツのアイロンはちゃんと上に向かって付けていたのに
袖を縫ってる時に、変になったのね〜。
そして同じく右の袖を、ついうっかり身頃を見ながら縫ってしまいました。
どっちを見ながらでも同じ結果になるそうなもんだけど、
左と見比べると違うんだなぁ。
なんか、ピョコンとなってる。
これは次にミシン出した時に誤魔化す予定(^_^;
何にしろ、新しい事をやろうとすると、学ぶことばかりです。

画像で見るとグレーに見えますが、
ヘリンボーン柄なのです。
IMG_6905.jpg

麻で涼しくってお気に入りですが、
結構歪むし、端の糸がペロペロ出てきて初心者には縫いにくかったyo!
半端に余ったけど、ノースリーブも取れない面積、、。
プロジェクトバッグでも縫おうかな。
布にしろ毛糸にしろ、丁度良い量を買うのは難しいね。





↓ステッカーの購入はこちら↓








いつもありがとうございます!
編み物ランキングも登録しちゃった!テヘ
banner2.gif


※当ブログはリンクフリーですが、
 相互リンクは基本的にお断りしております。
 ご期待に添えず申し訳ありません。

2 Comments

クロハハ  

To kuronekoashさん

ネットで安価な洋服を買うようになって、縫製の雑さにビックリです。
と、自分の事は棚に上げ(笑)
でも、まだまだ基本が分かっておりません〜。
もしかして、学校の「家庭科」で教えて貰ってたことすら怪しい今日この頃(笑)
ニット生地も、、挑戦したいなぁ!

2017/06/12 (Mon) 18:29 | EDIT | REPLY |   

kuronekoash  

脇ダーツは上側が高くなる。
胸ダーツ(縦のダーツ)は中心側が高くなる。
後ろ中心ファスナーの場合右見頃が上になるようにと習いました。
でも既製服でも反対のものあったりするのですごい違和感です。
基本は大事ですよね(o^^o)
ニット布糸と針を変えれば大丈夫ですよ。
頑張ってくださいw

2017/06/10 (Sat) 16:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

※記事に関係のないコメントは削除することがあります。ご了承ください。