FC2ブログ

クロマニア

ARTICLE PAGE

夏ビーニーふたつ

連休中にできたもの。
毎年夏に向けてビーニーを編むのですが、
何でそう、毎年毎年編むかっていえば、
なかなかこれというものが出来上がらないからでして。
ソックヤーンや、夏糸でも中細以上のコットンなら、
そこそこストレッチ性もあってかぶり心地も◎。
ただ、真夏はそれでも暑いんですよね。
できればリネン、あるいはリネン混で、
更に言えば合細以下の細めの糸で涼しく編みたい。

これまでは「ともかく涼しく!」と言うダンナのオーダーに従い、
シャイニーやグレイスフルリネンを1本どり、あるいは2本取りで、
レーシーにいくつか編んでみたのですが、、
私は気に入ったものの、ダンナがかぶるとなんか貧乏くさい。
かぶり口が伸びた感じになるんですよ。
私より目深にかぶるから、必要な円周が短いのかもしれません。
それに、かぶり方が雑というか、指先で掴んでギューッと広げてかぶるから、
いくらゴミ編み止めにしてても、あるいは指でかけるゴム編の作り目にしてても
糸自体にストレッチ性がないからビロ〜ンとなるわけで。
そっと広げて被れといっても、そりゃ無理でしょう。

更に言えば、細い糸でレーシーに編んでるので、
頭の形や髪の毛のハネをひろって不細工な形になってしまう。
あと、シャイニーが額にあたると、気持ち固く感じるみたいです。
なのでこのビーニーは私が使っておりますが。。

これはもう、観念してストレッチヤーンを使うしかないか、と思いつつ、
最後のあがきで、かぶり口をダブルにしてゴムを通す、という作戦に。
素になったパターンはこちら。

糸はフラックスCで。
summerHat2.jpg

プロトタイプとして、まずは私のを編んでみました。
本来はメリヤス編みっぱなしのクルリンとしたかぶり口のところ、
ターキッシュCOして2センチ弱編んでから
かぶり口の目と2目1度という方法で無理矢理ダブルに。
ビーズ用の細いゴム糸を2重にしてゆったり目にゴムを通しました。
が、部分的に皺が寄って、なんだかな。
メリヤスのシンプルなニット帽は欲しかったので、
これはこれで使います。

試しにダンナにかぶってもらったところ、
シルエットが気に入らないと。
やはり、頭の形を拾いすぎるとのこと。
これで140目、メンズサイズでも150目ですから、
たいして変わらないよね〜。
ダメ部分を消していっても気に入るものは出来そうもないので、
よくよく聞き取ると。
どうやら、極端に言えば。
レゲエの人が被ってるような、
深いベレー帽のような、かぶり口から膨らむタイプの形がいいのだそうで。
そう都合良くパターンもないので、
何度も編んだこのパターンを適当アレンジです。


140目のリブでスタート、本体の模様に入って針を3号ほど上げ、150目に増し。
掛け目の多いパターンだから、これで結構膨らむはず。
そして、今度こそ観念して、ストレッチヤーンに初挑戦ですよ。
どう使って良いのかわからず、
最初は指でかけるゴム編の作り目から入れたら、
とても扱えない!!!となったので、
輪につなげてから3段分だけ入れてみました。
ねじり目のゴム編にしたのに、目の揃わなさ半端ない(^_^;。
ともかく、シルエットとかぶり心地は意向に添えたんじゃないかと。
しかしま〜、たとえ帽子でも、1周140目、150目、あると
サクッとは終わりませんねぇ(笑)
hatevery3_1.jpg
hatevery3_2.jpg
hatevery3_3.jpg

ストレッチヤーン、悔しいので今度は自分のビーニーに使って編んでます。
今度はキレイとは言わないまでも、見られる程度には揃ったかな。
輪にしていきなりストレッチヤーンを入れるのでなく、
1段編んでから入れた方がスムーズでした。
輪の1段目ってただでさえ編みづらいもんですしね。
慣れたら、夏糸でくつ下も編めるようになるかも、と目論んでたり。
何事も修行ですねぇ!






↓ステッカーの購入はこちら↓
ゆうちょ使えます。



↓BASEでも販売始めました↓
クレジットカードやキャリア決済が使えます。


【FC2ショッピングカートでのご注文から発送までの流れ】
※BASEはこの限りではございません。

ご注文

FC2より金額と振込先情報が記された自動配信メールが届きます
こちらから再度のメールはいたしません

ご入金いただく

当方で確認し、ご入金確認済みのメールを送ります

商品発送

ご入金いただいたのに
1週間経っても商品が届かない場合はご連絡下さい。






いつもありがとうございます!
編み物ランキングも登録しちゃった!テヘ
banner2.gif


※当ブログはリンクフリーですが、
 相互リンクは基本的にお断りしております。
 ご期待に添えず申し訳ありません。

0 Comments

Leave a comment

※記事に関係のないコメントは削除することがあります。ご了承ください。